Top2007年11月15日 »

最新記事【2007年07月03日】

.

ビーズアクセサリーを始める前に!昔からビーズは装飾品として人気でした。
ビーズアクセサリーの始まりと、歴史についてお話します。
【ビーズアクセサリーの歴史】

アクセサリー中でも、首飾りは人類最古の装身具の1つです。
旧石器時代の遺跡からは、動物の骨、貝殻、石などに孔をあけてひもを通した
ペンダントや、それらを連ねたネックレスがたくさん出土しています。

このようなアクセサリーが、ビーズアクセサリーの始まりといえます。

日本独特の勾玉(まがたま)も、湾曲した動物の牙(犬歯)に孔をあけ、
ひもで吊るしたことに起源するといわれます。

その後、縄文時代になって、石材を加工した勾玉が現れます。
弥生時代から古墳時代にかけて、勾玉ペンダントは装身具として普及しました。

特に珍しく価値が高いとされたのは、翡翠(ひすい)の勾玉です。
翡翠はとても硬い石なので、牙や貝殻のように簡単に孔はあけられなかったため
回転錐が利用され、石に穴を開けるようになりました。

現在と同じようなアクセサリー作りが、弥生時代には始まっていたのです。




【ガラスビーズの始まり】

弥生時代の遺跡からはガラスの勾玉の鋳型も出土しています。
当時は、溶融ガラスを鋳型に流し込んで勾玉を量産していたようです。

古墳時代になると、今でも人気のトンボ玉が製造されるようになりました。
これは複雑な模様をもつ装飾用のガラス玉で、トンボの目玉を
連想させることから日本ではトンボ玉、英語ではアイ・ビーズと呼ばれます。

このガラスビーズ・トンボ玉は、エジプトやメソポタミアでは
紀元前1500年頃から製造されていました。その技法が、西アジアを経由して
中国や日本にも伝わってきたのです。
.

ビーズアクセサリー作りを始める理由はなんですか?物語やアニメの中で見た
アクセサリーがどうしても欲しくて、でも同じようなビーズアクセサリーが
どこのお店にも売っていない時ですか?
ビーズアクセサリー作りの良いところは、色や形を自由にアレンジして、
誰でも簡単に、自分らしいおしゃれを楽しむことができる点です。
世界に一つだけの、自分だけのアクセサリーが作れるなんて素敵ですね。

最近はファッション界でのビーズへの注目度も高く、ビーズを扱うお店や、
関連雑誌なども増えてきました。ビーズは、リングやネックレスだけでなく、
洋服やバッグのポイント・携帯のストラップなど、多様に楽しめます。

また、ちょっと不器用で、自分で作れる自信がない、というあなたには、
既製品のビーズアクセサリーを一度購入してみることをお勧めします。
優しいアクセサリーは付け心地もよく、デザインもカラーも豊富です。

既製品のビーズアクセサリーの魅力にハマッた方は、ぜひ簡単なものから
手作りすることをお勧めします!手作りアクセサリーは楽しいですよ!


【ビーズアクセサリー作りの準備】

ビーズアクセサリーを作り始めるに当たって、最低限揃えたいものを
紹介します。以下の3点を準備すれば、すぐにでも作り始められます。


●ビーズキット

ビーズアクセサリーを始めるのに、実はビーズをはじめとして、
ちょこちょことした材料が必要です。これをそれぞれ揃えるのは、
手間がかかりますので、最初はキットの購入をお勧めします。


●トレー

ビーズを入れておく「お皿」は必ず準備しましょう。ビーズを綺麗に収納すると
創作欲やアイデアが沸き易くなります。

●ハサミ

テグスを切るのに使用するはさみが必要です。普通のハサミではなくて、
糸切りバサミ程度の小さくて先が尖っている物を準備しましょう。
.

ビーズアクセサリーを作るときに、作りたいのはどんなものですか?
一口にビーズアクセサリーと言っても、その種類は様々です。
ここでは、人気のビーズアクセサリーと、その種類を紹介します!
【ビーズアクセサリーの種類】

例えば”パールのネックレス”といっても、小さめのパールビーズが隙間なく
並んだものと、大粒のビーズがラフにつながったものとでは、随分と印象が
異なってきます。まずは、どんなアクセサリーが欲しいのか考えましょう。



【作り方の種類】

ビーズアクセサリーを作るには、以下の方法があります。それぞれ使う道具や
副材料が異なるので、同じビーズを使っても、出来上がりのイメージ・印象が
大きく異なってきます。あなたが欲しいのは、どの種類のアクセサリーですか?


●テグスで編む

テグスで編むビーズアクセサリーは一般的で、初心者にもお勧めです。
透明感とボリューム感のある仕上がりになります。


●パーツでつなぐ

パーツを使ってビーズを繋げば、ゆらゆら揺れるような作品も作れます。
パーツには、接続用の目立たないものから、それ自体をビーズのように使える
装飾的なものまで、たくさんの種類があります。



●糸で編む

ビーズ用の糸で編んで形を作る方法があります。専用の織り機を使う方法と、
針を手で持って編む方法があります。これは古くからある伝統的な手芸技術で、
ヨーロッパの貴族に愛された歴史もあります。

小さめのビーズを使用することが多く、隙間なく編むことができるので、
他のどの技法よりも緻密で繊細な印象に仕上がります。



●副素材を使う

金属素材のワイヤーやフリーメタリコ、銀糸などが用いて、
個性的なビーズアクセサリーを作ることも可能です。花びらや羽根などの
素敵な形を作ることができ、ビーズつくりの楽しみの幅が広がります。
.

ビーズでアクセサリーを作ってみたいけど、なにから初めていいか分からない、
そんな方は、ビーズキットを利用してみませんか?丁寧な作り方説明書と
材料をセットにしたビーズキットで、手作りの楽しさを知ってください!
【リングのビーズキット】

ビーズで作りたいアクセサリーの一番人気がリングです。
カラフルで涼しげなビーズリングは、夏のオシャレにピッタリです!

しかし、作り方が悪いと、ビーズが指のサイズに合わなかったり、
留め金が指に当たって、装着しているのが痛くなったりします。

ビーズのリングつくりは、まずはキット使用して作るのがオススメです!
一度キットを購入すれば、それと同じサイズで、自分でバリエーションを
変えて楽しめるので、長く使えるキットといえます。


【動物モチーフのビーズキット】

パンダや犬・ウサギ・ブタ・ペンギンなどなど・・動物をモチーフにした
ビーズアクセサリーが大流行しています。動物モチーフのビーズは、
携帯ストラップにもオススメですし、ちょっとしたプレゼントにも最適です。

しかし、動物モチーフは、自分で考えて作るのはすこし難しいですね。
こういうときには、ぜひビーズキットを利用してしまいましょう。
かわいい動物モチーフは、お子様と一緒に作るのもオススメです。


【ネックレスのビーズキット】

簡単に作れるビーズネックレスは、オシャレの定番アイテムです。
大小のビーズを組み合わせて作るビーズネックレスは人気ですが、
人とは違うちょっと凝ったビーズネックレスを作りたいと思いませんか?

ビーズアクセサリーの初心者を卒業した方は、ビーズキットを利用して、
ワンランク上のビーズネックレス作りに挑戦することをオススメします。
それが手作りなの?!と驚かれる作品を、ビーズキットで手軽に作りましょう。
.

ビーズアクセサリーを手軽に作ってみませんか?ここでは、初心者向けの
簡単なビーズレシピを紹介します。こんなに簡単にアクセサリーが作れるなんて
きっと驚いてしまうと思いますよ!
【ハートのピアスのレシピ】

ハート型のピアスに、穴がいくつか開いた材料があります。この素材は
ゴールドやシルバーから、色が選べます。

●材料
ハート型ピアス 丸カン ラインストーン

●作り方

このハートの空枠に、お好みのビーズを飾って、丸カンでつなげるだけで
オリジナルのハートピアスが出来てしまいます!顔移りのよい色を選んで、
素敵な手作りピアスを完成させましょう!



【ビーズのネックレス】

テグスを使ったビーズネックレスのレシピを紹介します。


●材料

アクリルビーズ シードビーズ カニカン アジャスター テグス 丸カン


●作り方

1・テグスの中央にシードビーズを6個通し、どちらか一端のビーズ1個で
  テグスを交差させます。

2・左右のテグスに6個程度のシードビーズを通し、また一つのビーズで
  テグスを交差させます。

3・左右のテグスに、3個程度のシードビーズを通し、また一つのビーズで
  テグスを交差させます。

4・この作業を繰り返し、適当な長さになったところで、両端にカニカンと
  アジャスターをそれぞれ丸カン4mmで付ける。


※ところどころに、ハートのピアス作りであまったラインストーンを
組み込ませてネックレスを完成させるのも素敵ですね!あなたのアイデア次第で
お好みのネックレス・アクセサリーを完成させてください!!
.

ビーズアクセサリーを手作りする時には、ぜひ天然石を使ってみませんか?
天然石だからこそでる輝き・天然石ならではの優しさ・その素朴ながらも
心を癒してくれるきれいな天然石を、ぜひ毎日身につけましょう!
ここでは、天然石の中でも有名なものの特徴やパワーについて紹介します。



●アメジスト

クオーツグループの中では最も高価な石です。一見すると紫一色に見えますが、
実は見る角度により色が変わる変彩を、わずかながら持っています。
この変彩は熱加工すると消えてしまうため、天然アメジストだけの特徴です。

アメジストは2月の誕生石で、真実の愛、情熱と希望を表すとされる石です。
心の不安や傷を癒すと言われています。直感力を高める石とも言われています。


●ガーネット

ガーネットは深い赤色の宝石です。存在感があるので、アクセサリの
ワンポイントや、そのままペンダントにしても素敵です。

ガーネットは1月の誕生石で、愛情と忠誠の宝石です。宝石言葉は「真実の愛」
恋人の心移りを防ぐと言われます。地道な努力を実らせ成功へと導く石です。


●ラピスラズリ

ラピスラズリは12月の誕生石です。古代ギリシャやローマにおいて顔料として
使われていました。永続性のある顔料として使われていたラピスラズリですが、
実は数千年の時間と共に色が徐々に濃くなる特性を持っています。

お守り、幸運、成功運、魔除けの意味をもつ石です。水晶と並ぶほど
有名なお守り石です。邪を払い、幸運と成功運を招くとされます。

古代エジプトでは最高の力を秘めた聖なる石として崇められていました。
.

ビーズアクセサリーが大好きな方・ビーズアクセサリー作りが趣味の方に、
大人気の通販サイトがあります。その名も”ビーズマニア”です。
ここでは、”ビーズマニア”使いこなす方法を紹介します。
【ビーズマニアで通販をする】

●材料・素材を購入する

ビーズマニアでは、非常に豊富なビーズ材料を扱っています。
近くの手芸店では取り扱っていないような珍しいビーズや、パーツを入手し、
あなただけのオリジナルアクセサリーを完成させましょう。


●キットを利用する

ビーズマニアお勧めの、ビーズオリジナルキットが販売されています。
これを利用して、簡単に無駄なく可愛いアクセサリーを作ってみましょう。



【ビーズマニアでアイデアを借りる!】

●レシピ集

ビーズマニアでは、豊富なビーズレシピをネット上で紹介しています。
このレシピ集を参考にして、アイデアをお借りして、作ってみましょう。


●新商品!

ビーズマニアの様々な新商品は、あなたのアイデアを刺激してくれます。
たとえば、浴衣にあうビーズアクセサリーや、ミニチュアケーキのオブジェなど
ビーズマニアの新商品のアイデアを借りてみませんか?



【ビーズマニアの本】

ビーズマニア取り扱っている新作&人気ビーズレシピとキットカタログ本を
購入して、アクセサリー作りに役立てるのが便利です。

この本は、アクセサリーばかりでなく、人気沸騰中の洋菓子モチーフの雑貨や
ミニチュアインテリア小物など、充実のラインナップが魅力です。

ビーズのケーキモチーフは他の本でもたくさん紹介されていますが、
この本に載っているケーキはとにかく細かく、完成度が高いのが魅力です。
.

ビーズストラップを携帯電話につけると、可愛いのはもちろんですが、
その石のパワーを常に持ち歩くことができます。あなたの好きな石で、
あなたの好きなデザインのビーズストラップを作ってください!
ここでは、ビーズストラップの作り方を紹介します。


【さくらんぼのストラップ】

1.パーツを作ります。Tピンにカーネリアン4mm玉、丸特小白の順に通して
  キワで90度に倒し、7mm残してカットし丸めたものを2個作ります。

2.1で作ったパーツとアクリルリーフ1コを丸カン4mmでまとめておきます。

3.テグス30cmにビーズとパーツを通していき、中央に来たら、2のパーツを
  丸カン4mmを使って通し、再びビーズを通していきます。

4.ビーズを全て通し終わったらテグスをつぶし、玉とボールチップで処理し、
  ストラップに取り付けます。




【トンボ玉のストラップ】

ここ数年、若い人の間でも扇子などの和の小物がブームになっています。
そこで、携帯ストラップも、トンボ玉を利用して和風に仕上げてみませんか?
市販の丸カン付きの扇子に、和風にあうトンボ玉でストラップを作りましょう。

作り方はとても簡単です。丸小ビーズとスワロフスキーをTピンに通して丸め、
丸小ビーズとトンボ玉、丸小ビーズとスワロフスキーを9ピンに通し、
それぞれ端を丸めてつなげ、端に丸カンと引輪をつければ完成です。

※同様に、七宝玉などを使った携帯ストラップもオシャレです。
アクセントに使う石を変えて、様々なストラップつくりを楽しんでください。
.

トロールビーズというアクセサリーブランドを知っていますか?

トロールビーズは、北欧で有名な童話に登場するキャラクター、トロール
(神秘な森の妖精達)をイメージし、1976年に設立されたクオリティ オブ
ライフと自由を尊重するデンマークのアクセサリーブランドです。
トロールビーズでは、すべてのパーツにはハッピーな願いが込められ、
それぞれに意味をもっていると考えます。 チャームに願いを込めて、
あなただけのオリジナルアクセサリーを手に入れましょう。



【トロールビーズのアートチャーム】

トロールビーズの代表的チャームは、ベネチアンガラスのアートチャームです。
しかし、ほかにもシルバー、淡水パール、ゴールドなどもあり、
新しいハッピーチャームが毎年発表されているので、様々なものを楽しめます。

願いに合わせて色々なチャームを組み合わせて、ブレスレットやネックレスに
オシャレをしながら、ハッピーを身につけましょう。

身に着けた分だけ願いが叶うとされるトロールビーズのアクセサリーは、
何かの記念時や、新しい願いごとや目標が芽生えたときに、
新たにチャームを増やしていくことで多くの願いを叶えてくれるはずです。

願いのこもったブレスレットを購入し、チャームの組合わせや順番を入れ替え、
自分に合わせたオリジナルのアクセサリーを楽しめるのも魅力ですし、
1つ1つを最初から組み合わせて願いを込めるのも素敵です。



【トロールビーズ:マスクオブシアター】

女優シャロン・ストーンをイメージして作った特別なチャーム
“マスクオブシアター”をはじめ、全16種類のチャームをセットにした
ブレスレットが、いまトロールビーズの中でも注目されています。

マスクオブシアターは、喜びと悲しみの仮面を持つシルバーチャームです。
人々を魅了し愛され人生を謳歌する女優をイメージしています。
人生にスポットライトを当てるという意味が込められています。
.

アイロンビーズというビーズを知っていますか?アイロンビーズは、
今、とても流行しています。手軽で楽しいアイロンビーズを紹介します!
【アイロンビーズとは】

アイロンビーズは、ハマビーズ・パーラービーズなど、いくつかの名前で
商品化されていますが、プラスチックでできたカラフルなビーズを、
プレートの上に並べて、アイロンで溶かしてビーズ同士を接着させるものです。

星型やハート型などのプレートを使って、自由にデザインを楽しめます。
大人が楽しめるのはもちろんですが、子供の情操教育などに取り入れて、
親子でアイロンビーズを楽しんでいる方も多いようです。



【アイロンビーズの種類】

アイロンビーズと一口に言っても、その種類は様々です。
パーラービーズはアメリカ製で直径5ミリのものです。ハマビーズは
デンマーク製で、直径5ミリで穴が小さめです。

アイビーズは、日本のバンダイ製品で3.5ミリと一番小さいビーズです。
細かい表現ができるので、雑貨作り・キャラクター作りに最適といえます。

アクアビーズという水でくっつくビーズもあります。これを使えば、
アイロンを使う必要がないので、お子様だけでも楽しめるのが特徴です。



【アイロンビーズの基本の作り方】

アイロンビーズのデザインは、パソコンのドット絵のように描いていきます。
作りたい図案を、小さな点でつなげていくことをイメージしてください。

アイロンビーズを、イメージどおりにプレートにさして並べましょう。

できあがったらパラフィン紙を上に乗せ、ビーズが溶け合うまで
アイロンをかけます。パラフィン紙をかけることで、アイロンにビーズが
くっつくのを防ぐことが出来ます。

少し冷ましてからパラフィン紙をはがし、プレートから作品をはがします。
たったこれだけでアイロンビーズの完成です!!

ビーズアクセサリーを作ろう!

ビーズアクセサリー作りの魅力・ビーズレシピ・アイロンビーズ・天然石でビーズを作る方法を紹介します!